ワキガと酒、たばこ

ワキガと酒、たばこについてお話します。

ワキガの人はワキガの症状を抑えたいと思っているのであれば、お酒もたばこも控えめにすることが大切です。

なぜなら、お酒を飲むと体の中の血液の循環がよくなって、体が熱くなってきます。

そうなると汗をかいてしまいます。

ワキガ特有のにおいというのは、汗をかいたときに特に発生しますから、発汗を促すような飲酒は控えた方がいいのです。

そしてお酒以外にも香辛料もワキガの人は控えた方がいいといわれています。

香辛料は辛いので、食べているうちに汗をかくという人は多いと思います。

少し食べただけでも汗が出てきて、ワキガの症状につながります。

ワキガ体質の人がお酒や香辛料を摂る際には十分に注意しないといけないのです。

たばこも脳に刺激を与えて汗腺の働きを活発にしますから、ワキガのニオイの原因である汗を分泌させます。

汗が出るということはワキガ特有のにおいにつながりますから、十分に注意が必要になるというわけです。

日本では最近エスニック料理がブームになっています。

辛い物を食べたいと思っている人が多いと思いますが、ワキガ体質の人はできるだけ控えたほうが安心です。
[PR]
by kaori308 | 2011-11-02 05:47 | ワキガ
<< ワキガと多汗症について ワキガ手術の痛み >>